東工大ポケモンサークルpoketech

東工大ポケモンサークルpoketech~ぽけてっく~の公式ブログ。とりあえずぽけてっくメンバーなら誰もが更新できるので適当更新で行きましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ポケモンサークル遊戯王オフに行ってきました

どうも、wingです。
3/19に一橋大学にて鯨さん主催のポケモンサークル遊戯王オフ、通称ポ遊などというわけの分からないオフが開催され、ぽけてくからも私wingと現会長のぶらいあんくんと元会長のじゃっけさんという3人のメンバーが参加しました。
というわけでそのレポートです。今回の記事は遊戯王について詳しくない方にはよく分からない呪文が書かれた記事になっているかもしれませんが、ブルーアイズホワイトドラゴンとかそこらへんしか知らないよ!って人でも分かる記事にしたいと思っています。よろしくお願いします。





まずはデッキの紹介を。

私wingは【クリフォート】というデッキを使用しました。クリフォートというのは今から半年くらい前に出来たカードで、なんといっても新しい召喚方法であるペンデュラム召喚というのを用いるのが大きな特徴です。キーカードはこちら。
ツール
上半分がモンスターで下半分が魔法カードというなんとも気持ち悪いデザインですが、まあ魔法としてもモンスターとしても使うカードなのですので仕方ないということで。このカードは魔法として使うことにより毎ターン800ライフを払うだけでクリフォートカードをサーチ出来る非常に強いカードです。実際、強すぎて4月からは使用に制限がかかってしまうほどです。ペンデュラム召喚はモンスターを一気に展開出来るのが特徴で、数でゴリ押しするタイプのデッキです。現在トップメタの一角として考えられていて、非常にカードパワーの高いデッキとなっております。まあ大会なので強いデッキを使うのは当然ですね。

次にぶらいあんくんのデッキは【HERO】というデッキを使用しました。アニメ遊戯王の二代目主人公の十代くんも使用した由緒正しいデッキです。ぶらいあんくんの使用したデッキではHEROという正義の味方っぽい名前とは裏腹に展開しまくって相手を一撃で倒したり、最初の1ターンで妨害カードを出しまくって相手になにもさせなかったりするなかなかに汚いデッキです。キーカードはこちら。
アライブ
自分の身を削りながらカードを出す、その精神だけはHEROっぽいですね。でもこれによって出てくるのがダークロウだったりサイドラインフィニティだったり、なんというか非常にアレなカードなので、やっぱりHEROっぽくないです。このデッキでは自分が死にさえしなければいいという雰囲気なので、ライフはあっさり投げ捨てます。

最後にじゃっけさんのデッキは【電池メン】というデッキです。実在する電池をモチーフにしたカードで戦うのが特徴で、デッキ自体は古くからあるのですが最近新しく角型の電池が出てきて一気に強くなりました。まあそれでも環境にはちょっと遠いかなという感じですが、引き次第では十分上位を狙えるポテンシャルを秘めております。キーカードはこちら。
ライオウ
え?どこにも電池メンって書いてない?まあそれはおいといて、このカード自体はめちゃくちゃ強いです。デッキからカードを手札に加えるというものはどのカードゲームでも多く存在し、もちろん遊戯王でもほぼ全てのデッキで使用します。それを封じるというのは非常に強く、デッキによってはこれ1枚で完封されます。ポケモンでいうと互いに補助技を使えなくなるとかそれくらいの強さです。

参加者が15人でしたので、ランダムに3つにメンバーが分けられてそれぞれで総当り戦を行い、各リーグの1位3人と、1位以外で一番強かった人(色々な計算があるのですが省略)1人をワイルドカードとして、その4人で決勝トーナメントを行うという感じで行われました。
私はグループ『ラーイエロー』、ぶらいあんくんとじゃっけさんはグループ『オシリスレッド』となり、互いに決勝で会おうと誓い合ってリーグ戦が始まりました。
……始まったのですが予選は試合内容をよく覚えていませんね。申し訳ございません……。
とりあえず私のデッキは速攻型のデッキですので、全ての試合で始まってから3-4ターンほどで決着がついたことは覚えています。トップ羽箒からのディスクウェイソイヤゲーは楽しい
あとぶらいあんくんがカードの効果を忘れてて負けてました。トリオンの蠱惑魔の特殊召喚時効果を知らなかったそうです。非常に弱い
そんな感じでぽこぽこ殴り、リーグ戦が終わりました。リーグ戦の結果はラーイエローでは私が4勝0敗で1位の決勝進出(強い)、オシリスレッドではぶらいあんくんが3勝1敗の2位じゃっけさんが2勝2敗の3位という結果になりました。ちなみにじゃっけさん対ぶらいあんのぽけてく会長対決はぶらいあんが勝ったことをここに記しておきます。やっぱり元会長は現会長には勝てないんだね

というわけでぽけてくでは私だけが決勝トーナメント進出かと思われましたが、ぶらいあんくんが強かったため、決勝トーナメント前にぶらいあんくんと一橋の一橋ポケモンだいすきクラブのやまとさんとでワイルドカード決定戦が行われました。さあぶらいあんくんは決勝に進むことができるのか!?
まずはぶらいあんが先攻。いきなりヒーローアライブ(さっき貼ったカード)を使い、初手からライフを半分にする暴挙に出ました(遊戯王ではライフは投げ捨てるものなので別に暴挙でもなんでもない)。その後3分くらい制限カードを使ったりしてなんやかんやして、フィールド上にサイドラインフィニティ(1ターンに一度なんでも無効化出来る。めちゃくちゃ強い)とダークロウ(相手の墓地利用を封じたりサーチをしづらくしたりする。要はめちゃくちゃ強い)を並べる構えを作ってターンエンド。要はものすごい構えをしました。多分先攻1ターン目だとライフが半分になった以外は一番強い感じになったと思います。
対してやまとさんの後攻。やまとさんいきなりヒーローアライブを発動、ミラー対決でしたね、ライフが半分になりました。その後いろんなカード発動しまくって色々と大変なことに。その場面をぱしゃり。
盤面
手前がぶらいあんくんです。ポケモンのプレイマットにポケモンのスリーブと、ポケサーっぽさが出てますね。なんか太陽みたいなカードが3つ見えますが、さすがに珍しい盤面ですね……。やまとさんが制限カードやパワーカードを連発してこの盤面を返し、初戦はやまとさんの勝ちとなりました。ぶらいあんくんの手札も相当良かったのですが、やまとさんがその上をいったという感じですね。
遊戯王は3戦して2勝したほうが勝ちというマッチ戦なので、まだ終わったわけではありません。というわけでマッチ二戦目、ぶらいあんくんからスタート。ぶらいあんくん少し考え、召喚時にさらに別のモンスターを出せる展開用カード、ゴブリンドバーグからスタート。再び制限カードを使ったりしてなんやかんやして、初戦と同じ盤面を作り上げました。しかも今度はライフ半分にしていなく、考えられる中でHERO最強の初動ではないでしょうか。しかもハーピィの羽箒(相手の魔法罠を全て破壊する。当然ながら強い)を伏せてたりして、相手が手ぬるいことをしたらすぐに1ターンキルを出来る体制です。やまとさんにターンが回りましたがさすがに2戦連続でクソ強いハンドなんてことはなく、特に展開せずにエンド。ぶらいあんくんにターンが回って羽箒を発動、そのまま力押しで勝利。
さて、ここまでマッチ1勝1敗といい勝負になりました。3戦目、やまとさんが先攻。3戦目も先攻ぶんまわし……なんてことはなく(これはアニメではない)、さすがに普通に1体ダークロウを立てるだけで終わり(まあ簡単に立つんですがこいつめちゃくちゃつらいです)、ぶらいあんくんのターンになります。ヒーローアライブを撃ってライフを半分にしつつも攻めますが、他の手が良くなかったり伏せカードに邪魔されたりしてそのモンスターを突破出来ずにエンド。やまとさんにターンが回ります。ここでやまとさん4代目主人公遊馬くんのエースカード、希望皇ホープをエクシーズ召喚しました。いやー2代目主人公の使うデッキで4代目主人公のエースカードを使う、非常にアツいですね。そのままエクシーズチェンジ、ホープザライトニングにチェンジして攻撃します。ホープザライトニングは攻撃宣言時に相手が何も出来ない効果を持っているのでぶらいあんくんは何も出来ないはずなのですが……ここでぶらいあんくんテキスト確認。
ぶらいあん「ごめんなさい、効果知らなかった」
なんとぶらいあんくんモンスターの効果を知らない致命的ミス!ホープザライトニングの対応策があったのに殴り倒されてしまいました。
ここで40分経過。エクストラターンに入ります。エクストラターンとは40分経ってもデュエルに決着がつかなかった場合に起こる制度で、そこから4ターンのうちに決着のつかない場合、ライフの高い方の勝利となります。なのでライフを維持しつつ、相手にダメージを与えることが重要となります。盤面はぶらいあんくんは伏せカード1枚、やまとさんはフィールドにホープザライトニング1枚。ライフはぶらいあん4000やまとさん8000。まさに最終盤の盤面ですが、ここでぶらいあんくん伏せカードをオープン。
ぶらいあん「ヒーローアライブを発動します」
なんとライフが非常に重要な盤面でライフを投げ捨てるぶらいあん。まあ使わなきゃ負けなのでそれはそうなんですが、ここでライフを半分にする。非常に主人公っぽいプレイングです。そしてホープを突破して殴り、攻撃力2400のダークロウを特殊召喚してライフ差を3300まで削ります。やまとさんにターンが回りますが手札1枚のみのためにそれを伏せるだけでターンエンド。フィールドには攻撃力2400のダークロウがいるため、ここで攻撃力900以上のモンスターを引けば勝利です。ぶらいあん、渾身のシャイニングドロー!!
ブリキ

というわけでぶらいあんくんは決勝に進出出来ず、5位という結果で終わってしまいました。鯨さんがとってくれたキャスがあるのでよろしかったらどうぞ。
http://twitcasting.tv/gishi_universe/movie/152304166
http://twitcasting.tv/gishi_universe/movie/152311696


さてさて準決勝、私とやまとさんの他に東京工科大学ポケサーTUTから月影華さんとペンギンさんが勝ち上がってきました。準決勝のカードは私対月影華さん、ペンギンさん対やまとさんという形で行われました。
というわけで霊獣という非常に可愛らしくもえげつないデッキを使用する月影華さんとの試合なのですが……初戦はこちらの罠カード「スキルドレイン」によって全てのモンスター効果が封じられて相手側が何も出来ずに勝利、2戦目は相手側が手札事故を起こしていたために何も出来ずにこちらの勝利となりました。いやーどちらも数ターンで決着がついてしまいましたね。まあこういうデッキなんで仕方ないですが、あんなにアツい予選が行われているとちょっと見劣りしますね……。

その後3位決定戦が行われた後に決勝戦、私wing対準決勝を勝ち上がってきたやまとさんとなりました。ぶらいあんの仇ということで、ここは是非勝ちたいところです。
ジャンケンで先後を決め、私の先手からスタート。強欲で謙虚な壺(トレーナーズポストみたいなやつ。強い)から入り、ハーピィの羽箒(もちろん強い)を加えます。その後最初に書いたキーカード、クリフォートツールを魔法として発動、装備魔法を加えたりスキルドレインをセットしたりして相手にターンを回します。先程のHEROと比べるとアレですが、クリフォートとしては最高の初動ですね。対するやまとさん、ゴブリンドバーグからスタートしますがその段階でスキルドレインを発動、ドバーグを無効化します。それにチェーンしたりして色々しますが100ダメージを与えただけでターンエンド。私にターンが回ります。wing選手ここで長考。私の手札は相手に対抗できるカードが少なく、スキルドレインを破壊されると一気に押し切られる盤面でした。そのため相手の手札が割れているこのターンで決めるために色々考えて考えて考えて、最終的に羽箒から展開しまくって1ターンキルとなりました。危なげない勝利に見えますがここで返されたら負けで、しかも相手には返す方法がある(エアーマン召喚魔法罠破壊効果にチェーンマスクチェンジでスキドレを割れる)のが分かっていたので結構危ない場面でしたね。
さてサイドチェンジを行い、今度はやまとさんからとなります。ここで勝てばwing優勝、一気に決めたいところです。やまとさん、ゴブリンドバーグから入りシャドーミストを特殊召喚。先ほど書いたダークロウを特殊召喚する盤面を整えます。3枚伏せてさらに別のHEROを特殊召喚してターンエンド。
私のターン、伏せカードを全て割る最強カードハーピィの羽箒を発動します。制限カードでデッキに1枚しか入れられないんですが、ポ遊オフは羽箒をよく引く日でした。マスクチェンジされてダークロウの他にアシッドというモンスターも特殊召喚され、相手の火力が半端ないことになります。こちらは展開出来る初手ではなかったため、モンスターを1体召喚して装備魔法を装備しカードを2枚セットしてターンエンド。伏せがない今攻めたかったのですが、手が良くなかったため仕方ない。
返しのやまとさんのターン、先ほどの私のターンの時に引いていたE・HEROエアーマンによって装備魔法とツールが割られ、後続がなくなってしまいます。そのままバトルフェイズに移行し、攻撃されます。このままでは火力の前にやられてしまう盤面。ですが……。
「聖なるバリア-ミラーフォース-を発動!」
ミラフォ
聖なるバリア-ミラーフォース-は相手の攻撃宣言時に相手の攻撃表示のモンスター全てを破壊する罠カードです。遊戯王OCGシリーズ第一期から存在する非常に歴史の長いカードで、ご存知の方も多いのではないでしょうか。最近では攻撃する前に罠は破壊されてしまう事が多いため採用率が下がっていますが、逆に採用率が下がっているために警戒されることが少なく、現在の環境では非常に刺さるカードとなっております。なによりとてもかっこいいのと他のカードに比べて爽快感が違います。
というわけで相手のエアーマンとダークロウとアシッドを撃破、相手のフィールドは空になりました。そのまま殴り続け、相手の逆転の芽であるヒーローアライブも特殊召喚を封じる罠カード虚無空間で封じて勝利。エアーマンでミラフォを破壊されていたらかなり危なかったというか多分負けていたんですが、特に割られなかったので無事なんとかなりました。

決勝の放送は以下になります。鯨さんありがとうございます。
http://twitcasting.tv/gishi_universe/movie/152332952
また、今回の結果は鯨さんのブログにてまとめられていますので、こちらもよろしかったらどうぞ。私のデッキレシピもあります。
http://blog.livedoor.jp/gishi_universe/archives/1022304888.html

というわけでwing優勝、ぶらいあん5位、じゃっけさん予選3位という結果となりました。15人の大会規模でこの結果は上々ではないかと思います。このオフを準備してくださった一橋さん、企画してくださった鯨さん、そして対戦してくださったみなさん、何よりこれを見てくれているみなさん、ありがとうございました。

その次の日が合宿で死んでたのは秘密だぜ
スポンサーサイト
外部交流 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第3回 新春ぽけてく杯!! 告知&参加募集記事 | ホーム | ぽけてく合宿>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。