東工大ポケモンサークルpoketech

東工大ポケモンサークルpoketech~ぽけてっく~の公式ブログ。とりあえずぽけてっくメンバーなら誰もが更新できるので適当更新で行きましょう。

WCS2018入門

こんにちは、最近「ポケモンやってたの!?」とよく聞かれるラリスです。
実際あんまりやっていないので、間違ったらごめんなさい

さて、今回は主に1年生や新入生にWCSを始めてもらいたいと、WCS入門の記事を書きます。
ダブルバトルには縛りとか色々あるけど、そんなことより、習うより慣れろです。
QRパーティを使ってガンガン慣れましょう。
でもパーティの回し方が分からない、どんなパーティを使っていいか分からない、そんな人のために主要なパーティの概要と簡単なを紹介します。

・グッドスタッフ系
メタグロス軸
metagross.gif

メガメタグロスを軸に殴り合うパーティ。
カプ・テテフと組み合わせてサイコフィールド思念の頭突き(実際には採用されていないこともそこそこある)の圧力で主導権を握りに行く攻撃的なパーティ。
サンダー、ランドロス、メタグロス、カプ・テテフ、バンギラスと組まれることが多く、サンダーの追い風で味方の高火力ポケモンで上から殴るのが得意。
また、サンダーがサイコシード+羽休めで突破が難しく、火力があるので放置も難しい。
生き延びれば追い風を二回打つこともでき、サンダーは陰の主役と言える。
カプ・テテフではなくカプ・レヒレと組むこともあり、その場合はサイクルを回して受けることが戦術となる。

ガルーラ軸

kangaskhan-mega_20180217002610044.gif

メガガルーラを軸に殴り合うパーティ。
大幅な弱体化を受け、他のポケモンに押されてはいるが、猫だましと不意打ちの器用さを武器に未だ人気のポケモン。
先制技が強力なので、カプ・テテフと組めず、猫騙しと相性の良い瞑想を覚えたカプ・レヒレと組むことが多い。
メタグロスに比べて耐性が無い分、受けまわしは厳しく、また、苦手な相手も少ないため、シングルでいう対面構築に近いプレイングとなる。
ガルーラ、ヒードラン、カプ・レヒレ、ランドロス、クレセリアと組むことが多く、全体的に幅広い相手と戦える。
ヒードランとランドロスの相性補完がよく、二匹で受けまわすことが多い。
グロウパンチが無くなったため、ガルーラをエースにするのは不可能になった。

リザードン軸
charizard-megay_20180217002608a21.gif

メガリザードンYを軸に殴り合うパーティ。
強力な全体技である、日照り+熱風や日照り+オーバーヒートで相手をさっさと倒しに行く超攻撃的パーティ。
カプ・コケコの電気Zと合わせて、上から倒しに行けるポケモンが多く、マウントを取りやすい。
ただ、リザードンの物理耐久が低く、岩雪崩が4倍弱点であることから、何もしないと簡単に死んでしまうので、取り巻きでサポートする。
味方のランドロスは威嚇であり、地震+熱風の強力な動きがあり、相性がとても良い。
臆病ではなくあえて控えめで耐久を厚めに振り、クレセリアのトリックルームから上記のパターンを狙いに行くこともできる。
その場合、カビゴンと組ませてトリックルーム色を強くすることもある。
フシギバナと組ませて晴れ色を強くすることもある。

・起点構築系
ライボルト軸
manectric-mega.gif

ライボルトの威嚇、バークアウト、ランドロスの威嚇で相手を弱体化させてエースに積ませるパーティ。
ライボルトのボルトチェンジ、ランドロスのとんぼ返りと威嚇との相性が良く、有利対面を作りながら相手の攻撃力を下げられる。
せっかく下げた攻撃力を交代で戻されたくないことから、かげふみゴチルゼルと組むことが多い。
ライボルトにバークアウトがあるとはいえ、威嚇の方が楽なので、エースは特殊耐久の高いカビゴン、カプ・レヒレの2枚になることが多い。
瞑想を沢山積むことや、腹太鼓を安全に積むことを目標にする。
黒い霧をされると悲惨なので十分注意。

ジャラランガ軸
kommo-o.gif

ジャラランガの専用Z技、ブレイジングソウルビートを決めることを軸にしたパーティ。
起点を作るのはエルフーン+メガゲンガーが多い。
エルフーンのアンコール+ゲンガーの金縛りで相手の技を封じたり、エルフーンの嘘泣き+ゲンガーのヘドロ爆弾で厄介なフェアリータイプを倒したりする。
ブレイジングソウルビートはイカれた性能の技だが、ジャラランガ本体が弱いので、決まった後も、自己暗示をしたり、他のポケモンでジャラランガでは対処できないポケモンを倒したりする。

・天候系+トリパ
砂パ(バンドリマンダ)
salamence_201802170026180a0.gif
バンギラスの単体性能が高いため、砂パ以外にも入るが、ここでは除外。
ダブルバトルでの砂パーティはバンギラス+ドリュウズ+ボーマンダの組み合わせが一般的。
拘りスカーフを持ったバンギラスとメガボーマンダを一緒に出して、ハイパーボイス+岩雪崩やハイパーボイス+ダメ押しが強力。
また、すなかきドリュウズ+メガボーマンダでハイパーボイス+地震は最強パターン。
相手のポケモンを適度に削って、ドリュウズ+ボーマンダの並びを作ることを目指す。
バンギラスとドリュウズを一緒に出すと、ダブルバトルで最メジャーのランドロスに虐められるので、基本的にやらない。

雨パ
pelipper.gifpolitoed.gif

ダブルバトルの雨降らし要員は、ペリッパーをニョロトノが同程度いる。
すいすいポケモンはルンパッパが多く、ペリッパーと組む場合も、ニョロトノと組む場合も、猫だまし→水Z→ハイドロポンプと毎ターン圧力をかけてマウントを取りに行く。
ペリッパーには追い風があり、後続のポケモンに繋げることができる。
ニョロトノには手助け、滅びの唄があり、器用だ。
ルンパッパで取ったアドバンテージを逃さないよう、後続のポケモンはカプ・コケコなど汎用性の高いポケモンや、メタグロスやラグラージなどの雨下で強いメガポケモンが多い。
水耐性を持ったポケモンで冷凍ビームや暴風で弱点を突かれないポケモンが環境に少ないため、環境的には追い風(ペリッパーだけに)。
ただし、あめふらしポケモンもルンパッパも種族値が低いため、殴り合うと案外脆い。
また、トリックルームには要注意。

トリパ
camerupt-f.gif

多くのパーティに入っているクレセリアの殆どにトリックルームが入っているが、ここでは除外。
トリックルームでガンガン攻めるパーティ。
トリックルームを決めること、トリックルームを決めた後勝ち切ること、の二つの課題がある。
この二つの課題を二つとも満たしやすいトリックルーム役がゴチルゼルとヤレユータンだ。
ゴチルゼルは耐久にやや不安があるが、かげふみでトリックルーム後に有利対面を作りやすい。
クチートと組ませて不安な物理耐久を補いつつ、癒しの波動でクチートをサポートする。
クチートは有利な相手にはとことん有利なので、かげふみと相性が良い。
腹太鼓カビゴンとの相性もよく、こちらも簡単に腹太鼓を積みに行ける。
ヤレユータンは精神力のおかげで猫だましや岩雪崩にトリックルームを阻害されず、耐久も高いのでトリックルームが成功しやすい。
バクーダと組んでふんか+さいはいをするのが強力。
ただ、最メジャーのカプ・レヒレに弱いのが致命的
他にもミミッキュとカビゴンで組んで、はらだいこ+トリックルームと自爆+トリックルームの2択を迫るパーティもある。

霰と晴れはあんまりいない(リザードンはいっぱいいる)

コンボ系
ガードシェアラッキー
chansey.gif

メレシーやツボツボのガードシェアでラッキーをめちゃめちゃ固くして、倒されないようにするパーティ。
滅びの唄や宿り木の種は防音やマジックガードをスキルスワップをして防ぐこともできる。
勝ち筋は地球投げで相手のポケモンを倒すこともできるが、WCSルールで持ち時間が少ないので、持ち時間を切らして勝つことも可能。
そのため、ラッキーで戦う時やラッキーと戦う時は、早押しの技術が必要になるかもしれない。
コンボさえ決まってしまえば、まず突破されないので、コンボを決めることが重要。
ガードシェアをするタイミングに挑発や吹き飛ばしを合わされないように注意したい。

パーティじゃないけどすごくつよいポケモン
landorus-therian.gif

とりあえず入れておけばよい超便利ポケモン。
シングルにおけるミミッキュよりも使用率が断然高い。
威嚇によるサポート、地震無効、高火力範囲技の地震、困ったときにワンチャンを残す岩雪崩など隙が無い。
他にも叩き落とす、とんぼ返り、がんせきふうじ、馬鹿力、守る、特殊型など様々な選択肢がある。
ランドロスを制すものがダブルバトルを制すと言っても過言ではない。
威嚇もあり、生きているだけで価値があるので、簡単に失うべきではない。
初心者にありがちなのが、序盤にクレセリア等氷技持ちの前で簡単に岩雪崩や地震を打ってしまうこと。
交代や守るで隣のポケモンにダメージを与えられずにランドロスが犬死にするとそれだけで不利になる(ランドロスは猫だけど)。
基本的にはとんぼ返りや交代を考え、どうしてもという時だけ突っ張ることを覚えたい。
持ち物はとつげきチョッキ、こだわりスカーフ、地面Zが多く、みんな違ってみんな強い。
まずは相手のランドロスがこだわりスカーフかどうかだけでも見極めないと、徐々に不利になっていく。
また、スカーフチョッキが多いことから、守るを警戒しづらく、不意の守るが試合に大きな影響を及ぼすこともある。
ダブルバトルを始めてしばらくしたら、ランドロスと向き合ってほしい。



大体こんな感じです。
好みのパーティはありましたか?
紹介したパーティの中でも使用率に差があり、メタグロスやリザードンが最上位、ガルーラボーマンダジャラランガ雨がその次、少し離れてライボルトやトリパ、さらに離れてラッキー、といった感じです。
オススメは覚えれば回せるジャラランガととりあえずスペックの高いメタグロスです。
これを読んだ人がWCSを始めてくれれば幸いです。
GLHF
スポンサーサイト
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

【個別解説】フライゴン

その洗練されたフォルム、赤くてキュートな目。砂漠の精霊とも呼ばれる神秘的な側面も持ちます。戦闘では相手に優しさと親しみを与えるというガブ〇アスにはない性能も。今日はフライゴンについてのお話をしたいと思います。
続きを読む
雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

VGC2016入門!

 あけましておめでとうございます、ラリスです。
 6Vグラードン捕まえた君もまだまだの君もVGC2016に挑戦だ!どんなポケモンを使えばいいか分からない君のために、これだけは覚えておきたいポケモンを挙げていきます!同じカテゴリー内は重要度順で、上のポケモンの方が偉いです!

 【伝説のポケモン】
groudon-primal.gifxerneas-active.gifkyogre-primal.gifrayquaza-mega.gif

 伝説のポケモンに求められることは、基本的に火力です。高火力全体技で相手を一層する爽快感は、VGC2016の大きな魅力です。高火力全体技を使える三匹に加え、ゲンシカイキの二匹に対して有用な特性「エアロック」を持ったレックウザを覚えておけばいいでしょう。

 ・グラードン
 100-150-140-100-90-90 じめん       ひでり
→100-180-160-150-90-90 ほのお、じめん おわりのだいち
 専用技「だんがいのつるぎ」や特性と相性のいい「ふんか」を軸に戦います。威力最大の「ふんか」はゲンシカイオーガの「こんげんのはどう」よりも高火力で、メガガルーラを一撃で倒すこともあります。
 物理主軸でも「オーバーヒート」や「だいちのちから」、特殊主軸でも「だんがいのつるぎ」や「ストーンエッジ」を採用する、いわゆる二刀流が主流です。頑張って6Vを厳選しましょう。
 グラードンは浮いているドラゴンや特殊攻撃に弱く、鋼タイプや物理攻撃に強いので、その逆のゼルネアスととても相性がよいです。
 ゲンシカイキしなくても弱くはないですが、やはりゲンシカイキした方が強いです。
 
 ・ゼルネアス
 126-131-95-131-98-99 フェアリー フェアリーオーラ
 パワフルハーブ+専用技「ジオコントロール」からの「ムーンフォース」や「マジカルシャイン」がとにかく強力で、「ジオコントロール」を無償で決められてしまうと、それだけで勝利は困難になります。
 ただ、フェアリータイプ以外の攻撃技に恵まれず、「10まんボルト」「くさむすび」「めざめるパワー」「サイコショック」は使う場面が限定的で、「きあいだま」は命中率が低いです。そのため、「ムーンフォース」と「マジカルシャイン」を両方入れることも多々あります。
 基本的に「ジオコントロール」をしてフェアリー技で殴ればよいので、上記の通りグラードンと相性が良いほか、「ジオコントロール」する隙をつくる「ねこだまし」や「このゆびとまれ」を覚えたポケモンと組ませるのもよくあります。
 
 ・カイオーガ
 100-100-90-150-140-90 みず あめふらし
→100-150-90-180-160-90 みず はじまりのうみ
 専用技「こんげんのはどう」や「しおふき」を軸にして戦います。
 雨が降っていれば強いのですが、強い日照り状態になるとゴミです。そのため、強い日照り状態でも「しおふき」等ができるようにレックウザを同じパーティに入れることが多いです。
 エアロック状態ではカイオーガがグラードンに強く、エアロック状態は解除しづらいことから、グラードンに対するメタとしての側面が強いです。単体性能では技が豊富なグラードンに劣ります。
 ゲンシカイキしないと、強い日照りを上書きできないのでゴミです。

 ・レックウザ
 105-150-90-150-90-95    ドラゴン ひこう エアロック
→150-180-100-180-100-115 ドラゴン ひこう デルタストリーム
 こだわりハチマキ+メガシンカ+「ガリョウテンセイ」は単体攻撃としては最強クラスです。しかし、所詮は単体攻撃であり、二匹のポケモンに攻撃できる方がいいですし、そもそもHPに振ったゼルネアス等を一撃で倒せません。
 また、メガシンカをしてしまうと、他のメガシンカポケモンを使えなくなってしまいます。
 大人しくエアロック要員として使うのがいいでしょう。
 上三匹と比べると力不足ですが、腐っても伝説のポケモンです。「ガリョウテンセイ」「しんそく」「りゅうせいぐん」は強力です。

  【メガシンカポケモン】
kangaskhan-mega.gifsalamence-mega.gifmawile-mega.gif
 
 メガシンカポケモンもやっぱり火力が欲しいです。それに加え、サポート手段を持っているとさらに良いです。

 ・ガルーラ
 105-95-80-40-80-90    ノーマル きもったま、せいしんりょく
→105-125-100-60-100-100 ノーマル おやこあい
 やっぱり強いです。上の伝説全てにノーマル技が通りますし、メガレックウザ以外より速いです。大抵の伝説にタイマンで勝てるおかしな奴です。
 「ねこだまし」でサポートもでき、相手が伝説に気を取られている隙に「グロウパンチ」を打つのも強いです。
 他にも、ドーブルに強いことがこのルールでは重要です。

 ・ボーマンダ
 95-135-80-110-80-100  ドラゴン、ひこう いかく
→95-145-130-120-90-120 ドラゴン、ひこう スカイスキン
 レックウザを虐める種族値です。スカイスキンによる「すてみタックル」の火力は高いですし、「ハイパーボイス」は相手の耐え調整を崩せます。「いかく」や「おいかぜ」でサポートもできます。
 高速ポケモン共通ですが、「トリックルーム」には弱いです。

 ・クチート
 50-85-85-55-55-50   はがね、フェアリー いかく
→50-105-125-55-95-50 はがね、フェアリー ちからもち
 ボーマンダとは逆に「トリックルーム」がないと弱いです。
 鋼全般に言えることですが、カイオーガ+レックウザと相性がよく、カイオーガ+レックウザで辛いゼルネアスに強く、鋼が辛いグラードンにカイオーガ+レックウザが強いです。鋼+レックウザ+カイオーガにクレセリアを加えたトリックルームパーティがよくあります。クチートは鋼タイプで最も火力の高いので「トリックルーム」とも相性がよく、最もよく使われます。
 鋼タイプなので、相手を詰ませる性能もあります。
 ただ、上2匹のメガシンカと違い、「じゃれつく」を外してしまいます


 非メガ非伝説のポケモンで特に重要なのは、眠らせるポケモンと素早さを操作するポケモンです。
 伝説のポケモンが高火力全体技を、相手を眠らせたり、相手より先に打って倒したりして、こちらだけ打つことが勝利のために重要です

 【眠らせるポケモン】
smeargle.gifamoonguss-4.gif

 ・ドーブル
55-20-35-20-45-75 ノーマル マイペース、ムラっけ
 恐怖の「ダークホール」使いです。
 「ダークホール」+「ジオコントロール」から、次のターンに隣に「へんしん」+「マジカルシャイン」はシンプルながら強力です。
 こだわりスカーフを持って「ダークホール」するのもアリで、普段は1ターン引っ込めるロスが気になりましたが、やはり「ジオコントロール」等を隣ですれば、グッと勝利に近づくので、ロスも許容できるようになりました。
 普通に「ねこだまし」や「このゆびとまれ」でサポートしても強いですし、「おいかぜ」や「ワイドガード」なんかもできます。
 あんまり放置すると、ムラっけで回避が上がって、手が付けられなくなります。

 ・モロバレル
114-85-70-85-80-30 くさ、どく さいせいりょく、ほうし
 伝説並の耐久で「キノコのほうし」や「いかりのこな」を使ってサポートします。
 オッカの実を持てばグラードンの「ふんか」も耐えます。
 変わったところでは、「ジオコントロール」を無効にする「クリアスモッグ」や、天候特性を無効にしたり味方を起こしたりする「なやみのたね」も使えますが、とりあえず「キノコのほうし」を打っておけば強いです。
 ゴツゴツメットを持ちづらい分特性を「ほうし」にしてガルーラに嫌がらせをするのもアリです。

 【素早さを操作するポケモン】
cresselia_20160103005750ca0.giftalonflame.gifcrobat-3.gif

 ・クレセリア
120-70-120-75-130-85 エスパー ふゆう
 素早さ操作には「トリックルーム」「でんじは」「こごえるかぜ」が使えますが、やはり最も勝敗に直結するのは「トリックルーム」です。
 「トリックルーム」以外にも補助技が豊富で、定番の「てだすけ」、グラードンと相性のいい「スキルスワップ」や「じゅうりょく」、ドーブル対策の「マジックコート」があります。
 特に重要なのが「スキルスワップ」で、味方のグラードンやカイオーガを相手のグラードンの攻撃から守りつつ、天候を奪うことができます。耐久に加えこの強みが他の「トリックルーム」使いと異なります。逆に、相手の「スキルスワップ」を前提にした立ち回りも必須です。「スキルスワップ」をトリックルーム状態で相手より遅く打つ(天候特性を後に発動させる)ために、素早さ実数値84(最遅グラカイ-1)のすることも一つの選択肢です。頑張って厳選しましょう。

 ・ファイアロー
78-81-71-74-69-126 ほのお、ひこう はやてのつばさ
 優先度+1で「おいかぜ」が使えます。おいかぜ状態でなくてもで「ジオコントロール」をしたゼルネアスより先に「ブレイブバード」や「おいかぜ」を打てるはやてのつばさは、ポケモンが簡単に死ぬこのルールで非常に有用です。
 相手のグラードンやゼルネアスのタイプ一致技を半減以下にでき(「ふんか」等を受けると7割くらいダメージを受けますが)、強い日照り状態では「フレアドライブ」の威力が上がる、というのが伝説戦ならではの特徴です。
 他にも、相手のいたずらごころ+「ちょうはつ」や「ねこだまし」を防ぐ「ファストガード」でドーブルをサポートしたり、「ちょうはつ」で相手のドーブル等を妨害することもでき、低種族値ながら器用に戦えます。

 ・クロバット
85-90-80-70-80-130 どく、ひこう せいしんりょく
 S130から「おいかぜ」が使えます。特性により「ねこだまし」で怯まないので、相手にミュウツーがいない限り「おいかぜ」が成功しやすいです(ゲンシカイキやメガシンカ、ゼルネアス等持ち物固定が多く、こだわりスカーフ持ちが少ない)。
 「いかりのまえば」により腐りにくく、「おいかぜ」+「くろいきり」でゼルネアスの「ジオコントロール」を打った後に、相手が攻撃する前に打ち消すことができます。
 せっかくの毒タイプですが、種族値が低いため、「クロスポイズン」ではゼルネアスへの有効打となりえません。
 ファイアロー同様「ちょうはつ」「ファストガード」を覚えることも利点です。せいしんりょくで怯まず「ちょうはつ」を使えるので、ラムの実を持ったクロバットはドーブルにとても強いです。

 
 以上12匹から伝説2+メガ1~2+眠らせ1+S操作1~2を使えば戦えます!僕自身も少し前まで下のを使っていました(今はドーブル→ボルトロスで技も異なります)。
 
ゼルネアスパワフルハーブジオコントロールマジカルシャインムーンフォースまもる
グラードンべにいろのたまだんがいのつるぎふんかだいちのちからまもる
ガルーラガルーラナイトねこだましすてみタックルふいうちけたぐり
ドーブルきあいのタスキねこだましダークホールニードルガードへんしん
クレセリアメンタルハーブトリックルームスキルスワップれいとうビームてだすけ
ファイアローラムのみちょうはつブレイブバードファストガードおいかぜ



 他にも、伝説戦特有の面白いポケモンもいますが、今回は入門編なのでこの辺で
ditto.gifshedinja.gif

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

バトルオブホウエン 雑記&所感

 皆様こんにちは、新年会に参加できずに血の涙を流したスイカ割り人形です。

 さて、今回はORASが発売されてから初となるインターネット大会「バトルオブホウエン」に参加してきました。
 参加できるのは名が示す通りホウエン図鑑に登録されている禁伝以外のポケモンですね。分かりやすく言えば無印ルビサファをやってる最中に出てきたポケモン+派生進化のポケモンが使えます。

 以下、かなり長くなるので畳みます。使ったポケモンとかすっげえ長く書いてあるから読むのが億劫だったらこんな風に強調してある部分とかポケモン名しか読まないってのもアリなのよ

 
続きを読む
バトル大会レポート | コメント:0 | トラックバック:0 |

超速ダブル考察

 皆様こんにちは、ルビサファリメイクでいろんなポケモンのメガシンカ情報が出る中、メガヨノワールの情報はまだかまだかと待ちわびているスイカ割り人形です。

 さて、今回はインターネット大会「超速!ダブルバトル!!」に参加しました。
選出や戦法について、だいたいメモを残しておいたのでまとめてみました。

畳みます↓
続きを読む
バトル大会レポート | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>